2021.3.24・・
■全国ネット第49回大会に参加しました
2021年3月20日に「第49回欠陥住宅被害全国連絡協議会仙台大会」が開催されました。
5月・11月に開催されることの多い大会ですが、今回は、東日本大震災から10年となる、この時期の開催となりました。
昨年11月の奈良大会に続き、発表者のみが仙台に集まり、他の参加者はリモート方式での参加となったのですが、大会終了直後、宮城県沖を震源地とした地震が発生し、仙台も震度5を記録。幸い、大会スタッフや参加者に被害はなかったとのことですが、10年以上経過してなおも大規模な余震が発生していることに、自然の力の大きさと怖さを実感しました。
人間の力でできることは限られているかもしれませんが、震度6〜7の地震が発生した場合でも、少なくとも人命が失われないようにと定められた建築基準法所定の安全性を守った、欠陥のない建物が建て続けられていくよう、これからも取り組んでいきます。



2020.11.30・・
■全国ネット第48回大会に参加しました
2020年11月28日に「第48回欠陥住宅被害全国連絡協議会奈良大会」が開催されました。
本来5月開催が予定されていた第48回大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延期を余儀なくされていましたが、リモート参加を併用した単日開催が実現し、当会会員もリモートで参加しました。
河合敏男弁護士(関東ネット所属)より「改正民法入門講座建築瑕疵紛争と民法改正」、永岩慧子准教授(愛知学院大学)より「建築物の瑕疵をめぐる責任と消費者保護」と題した講演がありました。
また、広く報道のあった「福知山造成地水害訴訟」をはじめ、各地域ネットの弁護士・建築士が獲得した判決の報告や「裁判所における建築瑕疵紛争の現状」と題した報告が全国から寄せられ、当会からは、11月21日に実施した110番の報告を行いました。



2020.11.25・・
■「欠陥住宅・建築トラブル110番」を実施しました

2020年11月21日に「欠陥住宅・建築トラブル110番」を実施しました。
雨漏りや外壁塗装の剥離、契約代金以上の請求をされたトラブルなど合計10件の相談が寄せられ、弁護士・建築士がペアで対応しました。
また。今回の110番では新たな試みとしてzoom相談を実施しました。
zoom相談では、画面上で共有した写真を同時に見ながら、時には写真に書き込みなどを行いながら説明するなど、とても有効的に活用できたと思います。
欠陥住宅等の相談の場合、現地確認が重要ですが、zoomを活用し現場を映し出していただくことで、現地調査を実施する前にもある程度実際の状態を確認しながらの相談対応ができるため、今後同様の相談会を実施する場合には、積極的に活用していきたいと考えています。




2020.2.20・・
■建築士事務所のための改正民法講座を開催
2020年2月20日、一般社団法人広島県建築士事務所協会主催、広島欠陥住宅研究会共催で「建築士事務所のためのよく分かる民法改正のイロハ」が開催されました。
建築士・弁護士を中心に約100名の参加者があり、今年4月に施行される改正民法の実務への影響に対する関心の高さがうかがわれました。
第一部は当会所属の森友隆成弁護士が、建築士が負う責任や民法改正への影響などについて講義を行い、第二部は、当会所属の立石光紀一級建築士、正木洋二一級建築士、今岡慶太郎弁護士も加わって、第一部で学んだ建築士の法的責任を中心に、設計監理の実務を踏まえた意見交換を行いました。



2019.11.22・・

■河合敏男弁護士を迎えて勉強会

2019年11月19日、関東ネットの河合敏男弁護士をお迎えして「建築紛争事件の基礎知識&民法改正と建築紛争」勉強会を開催しました。
河合弁護士は、調査道具の紹介、裁判官を説得するための調査報告書作成の注意点、民法改正で建築紛争の事件処理がどのように変わっていくかといった難しい分野について、わかりやすくお話しいただきました。
当会会員以外の弁護士・建築士も参加され、時間いっぱいまで熱心な質疑応答が行われました。
来年4月1日から新しい民法が施行されます。当会も勉強に励み、いっそう消費者保護のための運用となるよう努力していきます。



2019.7.12・・
■全国一斉「欠陥住宅110番」を実施しました

2019年7月6日に、欠陥住宅全国ネット主催の「欠陥住宅110番(住宅の安全に関するよろず無料相談会)」を実施しました。
全国で150件以上、広島会場でも14件の相談(うち面談5件、電話相談9件)が寄せられ、住宅に関する変わらぬトラブルの多さを再認識しました。
広島会場に寄せられた相談は、戸建、マンション、リフォームと幅広い内容となっており、地域的な特徴や業者の傾向などを分析した上で対応を検討していきます。




2019.3.22・・
■レオパレス21被害110番を実施しました

広島欠陥住宅研究会では、(株)レオパレス21が施工した共同住宅に建築基準法に基づき認められている仕様への不適合が発覚した件に関し、レオパレス施工物件所有者の方からの相談に対応しています。
2019年3月21日10時〜17時にかけて110番も実施し、急な開催ではありましたが、新聞・テレビ各社での報道もあり、12名の所有者の方から相談が寄せられました。




2019.3.19・・
■「家づくり入門講座」開催

2019年3月16日、「家づくり入門講座〜安心安全な住まいを手に入れるために」を開催しました。
家を建てるプロセス順に「家づくりをはじめる」「設計を知ろう」「契約の重要性」「工事中のトラブルを防止しよう」「完成後の注意点」と題して弁護士・建築士が役割分担をしながら、時にはクイズ形式や寸劇などを織り交ぜて講演を行いました。

10時〜16時半という長丁場でしたが、会場は満員となり、参加者みなさんが、講師の話をメモを取りながら熱心に聞いていただきました。講師陣もやりがいを感じ、楽しく工夫をしながら講演することができました。

※当日配付した戸建て用の「家づくりチェックリスト」をご活用ください。




 
 
     
  相談受付活動状況入会案内書庫リンクホーム  
 
 
広島欠陥住宅研究会事務局
〒730-0012 広島市中区上八丁堀7−10 HSビル2階 (弁)板根富規法律事務所内
TEL 082−224−2345  FAX 082−224−2255